普通の「飲む酢」とは全く別品!オークスハートの「デザートビネガー」♪

「デザートビネガー」はオークスハート㈱の商標なんですって

私はケチなのであまり嗜好品を購入しません。
だけど、お酢だけは例外!!ついつい購入してしまいます。
でも、私が購入するのは単なるお酢ではありません。
もうミラクルに美味しい「デザートビネガー」なんです。
img_20161102_143026
私のお酢コレクション。1本を除いては美味すぎることこの上なし。

その素晴らしいお酢はどこで買えるのさ?

「デザートビネガー」は内堀醸造という明治9年創業の老舗酢メーカーが作られていて、なんと、岐阜県関市岐阜県美濃加茂市の「ふるさと納税」の品にも選ばれているんです。

 
店頭販売では「オークスハート 」「OSUYA銀座 」「飲む酢エキスプレ・ス・東京」の3店舗で購入できますし、高島屋オンラインストアでも通販可能です。
 
デパートなどでお酢の試飲をしているのをみたことありませんか?
こちらのお店、商品の試飲を沢山させてくれるんです。なぜだと思いますか?

「商品に揺るぎない自信があるから。そして、一口飲めばそれが分かるから。」

私はそう思っています。
とにもかくにも、一先ず、こちらで試飲をしてみましょうよ!ほら、タダですから!!

砂糖、甘味料、香料は不使用。なのに絶品!

「飲む酢を飲んだことあるけど、そんなに美味しくなかったー」という場合、それは「フルーツビネガー」ではなく「フレーバービネガー」だったのかもしれません。
「フレーバビネガー」は、米酢や黒酢等にフルーツの香りや味を「後付け」しています。
一方、「デザートビネガー」は、果汁を醗酵させて作った果実酢です
元々が「果汁」ですから、フルーツの香りや味を「後付」しなくても十分フルーティー。
そして、更に美味しくするために、果実酢と同じ原料の果汁を加えています。だから果実の自然な甘さや酸っぱさ、清涼感がグイグイ楽しめます。
 
あとはお砂糖。
「デザートビネガー」は「果糖ぶどう糖糖」や「砂糖」は使っていません。そんなの使わなくてもとっても美味しいの。
甘味料や香料も入っていないので、赤ちゃんでも安心して飲めますよ。我が家の長女もお酢が大好きで、「フルーツ牛乳(お酢と牛乳のmix)くーださーい」と言ってきます。
私は「水割り」でジュース代わりに飲むことが多いですが、正直なところ、市販のジュースよりも断然好きです。だって美味しいんですもの!

お酢の効能:肩がふわっと軽くなるような気がします。

私は20年くらい前からお酢を飲み始めました。
きっかけは、司法試験の合格者が「合格したのは、お酢のおかげだ」と言っていたこと。
「お酢ってそんなにすごいの?」と半信半疑でりんご酢をレモン果汁と水で割って飲んでみたところ・・・・すごい!疲れが飛んでいったのです。
この疲れが取れる効果はお酢に含まれるクエン酸の効果なのかもしれません。ノーベル賞レベルの発見とも聞いたことがあります。
当時私が飲んでいたのは「デザートビネガー」ではない普通のりんご酢でしたので、胃酸が逆流する感じが半端なく、それは大変なものでした。
だけど「デザートビネガー」だったら、そんな辛い思いはしません。むしろ、お酢の美味しさに感嘆してしまいますよ!

デザートビネガーの残念なところ

やはりお値段でしょうか。ちょっとお高めなんですよね。
でもねー、美味しいんです・・・それにお高めといっても、一瓶買えば何度も楽しめますから、アルコール類よりも割安です。
お酢の健康効果も考えると、やっぱり買ってしまうんですよね、私。
(追記:正月の福袋で安く買いました!)
http://onononoko.com/2017/01/04/post-584/
 
あと、今まで沢山の「デザートビネガー」を味わってきた私ですが、どうしても、一つだけ口に合わないものがありました。
バレンタイン時期に発売されたOSUYAの「チョコレートフレーバービネガー」
img_20161102_143026
一番右側にちょっとだけ見えるのがそれ・・・
ラズベリーのお酢にチョコレート風味を加えたようなのですが、んー、風味をのせるのは「フレーバービネガー」に任せておけばよいかな、と。
だって、「デザートビネガー」の特徴は、香りや味を後のせすることなく、フルーツから直接美味しさを引き出しているところですから。

まとめ

調理酢、飲む酢、フレーバービネガー等とは確実に一線を画する「デザートビネガー」。
飲んでみたら感動すること間違いなしですので、どうぞ飲んでみて老舗酒造メーカーの実力を味わってください。
少しお高いものですので、お歳暮などの贈り物にも最適です。きっと相手の方にも喜んでもらえますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です